競売することになったなら流れを知っておくのが鍵

関西地域のベッドタウン

部屋

大阪や京都へのアクセスも

大阪や京都は日本でも有数の大都市であり多くの人が住んでいるために不動産価格も高くなっています。そのため、大阪や京都ではなくその近郊に住むという人も少なくありません。大阪府の東北部にある寝屋川市もそんなベッドタウンとして人気がある場所の一つです。寝屋川市は高度経済成長期に大阪や京都で仕事をしている人のためのベッドタウンとして発展したという歴史があり、現在でも多くの人がベッドタウンとして利用しています。京阪電気鉄道京阪本線が市の中心部を通っており、東武にはJR線が通っているために都市部へのアクセスも良く、通勤や通学にも不自由が無いために寝屋川市の不動産は人気があります。そのために駅周辺はその利便性から寝屋川市の中でも特に人気があって不動産も他よりも高めになる傾向があります。大阪の中心部まではおよそ15キロ程度で京都までは35キロ程度と市外への交通の便も良くなっていますが、市内には京阪バスと近鉄バスが運行しています。そのため、市内全域の移動は勿論のこと他の市への移動にも公共交通機関だけで十分可能となっています。京阪電気鉄道京阪本線の香里園駅周辺は人気が高い地域の一つですが、香里園駅の東側は閑静な住宅街が広がっている地域となっています。一方で駅西側は中古マンションが多いという特徴があります。京阪本線の寝屋川市駅周辺は他の地域と比べても特に人気がある地域であり、それだけ不動産価格も高くなる傾向があります。不動産価格を色々と比較した上で、どこに暮らすかを決めていきましょう。