競売することになったなら流れを知っておくのが鍵

家のローンが払えない時

男の人

競売で家を売られる前に

家を購入する時には金融機関を通して住宅ローンを組んで、月々返済していくのが一般的な方法ですが、もし急に会社をリストラされたり、複数の借金を抱えていて返済が困難になった場合にはどうなるのでしょうか。支払いを督促する通知が来たら放置せずに金融機関に行って、しばらくの間でも住宅ローンを安くしてもらう交渉をしてみて下さい。その期間にトラブルの解決をする努力をすると良いでしょう。それでも状況が改善せず住宅ローンが払えなくなった場合には、数回の支払い督促の通知が来た後は競売を通告されてしまい、今住んでいる住宅を手放さなければならなくなります。競売で現在の住宅ローン残高より高く売れれば、家はなくなってもローンも払いきれるので問題は小さくて済みますが、そうでない場合には家を失う上にローンも残ってしまうので今後の生活にも大きく影響します。競売は一般の不動産のように高値で売れないので、競売になる前に任意売却を依頼するのが良いでしょう。任意売却は競売と違って一般の不動産売買になるので競売よりは高値が付きやすくお勧めの方法です。しかし、この状況に嵌ってしまった時には時間があまりないので、競売になる前に良い任意売却の業者を探してすぐに行動を起こす必要があります。また、任意売却の業者を選ぶ時には、家を手放さなくて済みますとか新生活の準備金を沢山用意するなど、甘言ばかりをいう業者は信頼出来ない事が多いので注意しましょう。