競売することになったなら流れを知っておくのが鍵

出張や観光のために

長期滞在する場合は、不動産会社で家具や家電があらかじめ備え付けられた部屋を借りましょう。京都であれば、町屋を改装した部屋など滞在をより楽しめる物件もあります。ひと月以内で借りられる物件も多いので、ホテルよりも手軽に安く滞在できます。

男の人

家のローンが払えない時

住宅ローンが払えなくなると、ローンをしている金融機関が家を競売にかけて代金を補てんします。競売では家を安く買い叩かれてしまうので、競売になる前に任意売却でなるべく高値で家を売るような努力をするのがお勧めです。

部屋

関西地域のベッドタウン

大阪や京都は日本有数の大都市ですが、そのベッドタウンとして高度経済成長期から発展しているのが寝屋川市です。京阪電気鉄道京阪本線やJR線が通っているのでアクセスもよく、香里園駅や寝屋川市駅周辺は人気があり特に不動産価格が高くなる傾向があります。

買い戻すことは出来るのか

男性女性

価格の決まり方

住宅ローンを滞納が続くと、競売にかけられ、そこで落札した人に住宅の所有権は変わることになります。競売の最低入札価格は相場の8割程度とも言われていますが、どのような流れで入札価格は決まるのでしょうか。競売の最低入札価格が決まるまでの流れとしては、まず、周辺地域の売却相場が一つの基準となります。そして、その相場から諸経費の合計額と業者の利益を差し引いたものが最低入札価格となります。一般的な相場よりも安い価格が設定されるのは、諸経費や転売をした場合の利益が相場から差し引かれるためです。価格が安く設定されるのであれば、自分で競売にかけられている物件に対して入札をしたいもしくは親族に入札をしてもらいたいと思っている人もいるかもしれませんが、境涯にかけられた物件の所有者は競売に参加することは出来ません。しかし、親族や友人などの第三者で、連帯保証人では無いのであれば、入札をすることが出来ます。第三者に入札を依頼する際の流れでは、直接入札をすることが出来ないわけですので、お金をある程度用意し、信頼することが出来る人に預け、入札を依頼するという流れとなるでしょう。また、その他にも不動産会社に落札を依頼し、後に自身で買い戻すという方法もあります。将来的に確実にお金が入るという場合にはこのような方法をとることで、住宅を取り戻す事が出来る可能性もあります。いずれにしても、一度競売にかけられた物件を再度自分の物にするということは非常に難しいことでしょう。